January 2008

January 27, 2008

いっぱい

f5c4d5f5.jpg


稽古場に煙をあげるおっぱい登場。

簡単入力★チケット予約フォーム



うなぎ計画プロデュース
『扉のむこう―Certain one story The Crasutacea ―』
2008年2月8日?11日
会場:ラゾーナ川崎プラザソル(JR川崎駅直結ラゾーナ川崎5F)
チケット料金:前売?2500 当日?2800 高校生以下及び65歳
以上、障碍者の方?1300 当日?1600
※日時指定自由席

タイムテーブル
2/8 19:00
2/9 14:00/19:00
2/10 14:00/19:00
2/11 14:00
※開場は開演の30分前

CAST
伊藤裕一(劇団お座敷コブラ)
高坂雄貴(いと、まほろば)
水上武
延田知香
須藤旭
川田康二(劇団E)
千田英史
田中恵子(劇団再生)
天野誉友
成川友里子
石戸サダヨシ
斉藤弘樹
笹浦暢大(うなぎ計画)

STAFF
作・演出/ささぼう
舞台監督/藤本志穂(うなぎ計画)
照明/竹井崇(タケスタジオ)
音響/天野高志
音効/小宮聖子
小道具/渡邊歩(桃)
殺陣/金子正寿(PleasureGround)
音楽/木村衛昭
宣伝美術/佐々木貴行
制作/福島早紀子・うなぎ計画
FDM/児玉友恵
PDM/日巻佳菜恵
製作/うなぎ計画
協力/川崎インキュベーター


簡単入力♪チケット予約フォーム




at 15:15|PermalinkComments(0)舞台 

扉ノムコウ

あれから、僕たちは、何かを信じてこれたかな・・・

この時期になると、様々な不安が生まれる。


この芝居は本当に面白いのだろうか?

果たしてお客様に受け入れられるのか?


どんなカンパニーでも必ず生まれる不安である。

僕は今回役者として参加している。

こんなとき、役者にできることは、ひたすら信じて突き進む事だと思う。

お客様の顔色は、演出が窺ってくれる。

だから、役者は思い切りやればいい。



思いっきりやってます☆
簡単入力★チケット予約フォーム



うなぎ計画プロデュース
『扉のむこう―Certain one story The Crasutacea ―』
2008年2月8日?11日
会場:ラゾーナ川崎プラザソル(JR川崎駅直結ラゾーナ川崎5F)
チケット料金:前売?2500 当日?2800 高校生以下及び65歳
以上、障碍者の方?1300 当日?1600
※日時指定自由席

タイムテーブル
2/8 19:00
2/9 14:00/19:00
2/10 14:00/19:00
2/11 14:00
※開場は開演の30分前

CAST
伊藤裕一(劇団お座敷コブラ)
高坂雄貴(いと、まほろば)
水上武
延田知香
須藤旭
川田康二(劇団E)
千田英史
田中恵子(劇団再生)
天野誉友
成川友里子
石戸サダヨシ
斉藤弘樹
笹浦暢大(うなぎ計画)

STAFF
作・演出/ささぼう
舞台監督/藤本志穂(うなぎ計画)
照明/竹井崇(タケスタジオ)
音響/天野高志
音効/小宮聖子
小道具/渡邊歩(桃)
殺陣/金子正寿(PleasureGround)
音楽/木村衛昭
宣伝美術/佐々木貴行
制作/福島早紀子・うなぎ計画
FDM/児玉友恵
PDM/日巻佳菜恵
製作/うなぎ計画
協力/川崎インキュベーター


簡単入力♪チケット予約フォーム




at 11:13|PermalinkComments(0)舞台 

January 26, 2008

なんでもジェネレータつくればいいってもんじゃないだろ

今日は、登場シーンジェネレータ

劇団お座敷コブラ、華麗に登場です。


いとう「俺の名前はいとう」
いとう「人は俺を」
いとう「ニトトウユーと呼ぶ」
一同「じゃじゃーーーーん!!」

うちやま「俺の名前はうちやま」
うちやま「守ってやるさ」
うちやま「最後まで」
一同「どどどどどどどどど!!」

こばやし「拙者の名前はこばやし」
こばやし「人は拙者を」
こばやし「コビャヤリンと呼ぶでござる」
一同「ごごごごごごごごご!!」

みかみ「私の名前はみかみ」
みかみ「人は皆、私を」
みかみ「ミクァブーと呼ぶ」
一同「どーーーーーーーーん!!」

たけもり「俺の名前はたけもり」
たけもり「ヒャハハハハハハハハ」
たけもり「ここが貴様らの墓場だ!」
一同「どーーーーーーーーん!!」

いとう「じゃじゃーーーーん!!」
うちやま「どどどどどどどどど!!」
こばやし「ごごごごごごごごご!!」
みかみ「どーーーーーーーーん!!」
たけもり「どーーーーーーーーん!!」

なんですか、このひねりのない感じ。




結構ひねってるよ。
簡単入力★チケット予約フォーム



うなぎ計画プロデュース
『扉のむこう―Certain one story The Crasutacea ―』
2008年2月8日?11日
会場:ラゾーナ川崎プラザソル(JR川崎駅直結ラゾーナ川崎5F)
チケット料金:前売?2500 当日?2800 高校生以下及び65歳
以上、障碍者の方?1300 当日?1600
※日時指定自由席

タイムテーブル
2/8 19:00
2/9 14:00/19:00
2/10 14:00/19:00
2/11 14:00
※開場は開演の30分前

CAST
伊藤裕一(劇団お座敷コブラ)
高坂雄貴(いと、まほろば)
水上武
延田知香
須藤旭
川田康二(劇団E)
千田英史
田中恵子(劇団再生)
天野誉友
成川友里子
石戸サダヨシ
斉藤弘樹
笹浦暢大(うなぎ計画)

STAFF
作・演出/ささぼう
舞台監督/藤本志穂(うなぎ計画)
照明/竹井崇(タケスタジオ)
音響/天野高志
音効/小宮聖子
小道具/渡邊歩(桃)
殺陣/金子正寿(PleasureGround)
音楽/木村衛昭
宣伝美術/佐々木貴行
制作/福島早紀子・うなぎ計画
FDM/児玉友恵
PDM/日巻佳菜恵
製作/うなぎ計画
協力/川崎インキュベーター


簡単入力♪チケット予約フォーム



at 11:05|PermalinkComments(0)マクガフィンまたはしろうるり 

January 25, 2008

ゆらららい

話題のゆらいジェネレータをやりました。


「いとう」の由来→「アソコ」

「ゆういち」の由来→「敬遠」

「イトウ」の由来→「由来が分かりませんでした」

「ユウイチ」の由来→「偽称」

あんまおもしろくねーなこれ。


ゆらいジェネレータよりも面白いよ☆
簡単入力★チケット予約フォーム



うなぎ計画プロデュース
『扉のむこう―Certain one story The Crasutacea ―』
2008年2月8日?11日
会場:ラゾーナ川崎プラザソル(JR川崎駅直結ラゾーナ川崎5F)
チケット料金:前売?2500 当日?2800 高校生以下及び65歳
以上、障碍者の方?1300 当日?1600
※日時指定自由席

タイムテーブル
2/8 19:00
2/9 14:00/19:00
2/10 14:00/19:00
2/11 14:00
※開場は開演の30分前

CAST
伊藤裕一(劇団お座敷コブラ)
高坂雄貴(いと、まほろば)
水上武
延田知香
須藤旭
川田康二(劇団E)
千田英史
田中恵子(劇団再生)
天野誉友
成川友里子
石戸サダヨシ
斉藤弘樹
笹浦暢大(うなぎ計画)

STAFF
作・演出/ささぼう
舞台監督/藤本志穂(うなぎ計画)
照明/竹井崇(タケスタジオ)
音響/天野高志
音効/小宮聖子
小道具/渡邊歩(桃)
殺陣/金子正寿(PleasureGround)
音楽/木村衛昭
宣伝美術/佐々木貴行
制作/福島早紀子・うなぎ計画
FDM/児玉友恵
PDM/日巻佳菜恵
製作/うなぎ計画
協力/川崎インキュベーター


簡単入力♪チケット予約フォーム



at 10:57|PermalinkComments(0)マクガフィンまたはしろうるり 

January 24, 2008

腸うけるんですけど

えっと、長らくご心配をおかけしてすみません。

検査でした。

2度、お尻のはじめて奪われて来ました。

腸にカメラを入れる為、2日間のおかゆ生活では飽きたらず、浣腸をして腸の中をからっぽにするとのこと。

浣腸って聞いて想像するのは、あのイチジク浣腸。

せいぜい消しゴム大。

しかし、僕が看護婦さんに渡されたのは、石油ポンプ(確か正式名称は「醤油チューチュー」)と見紛うばかりの超巨大浣腸。

初めて見る浣腸にたじろぐ俺。

心配した看護婦さんの「ご自分で出来ますか?」との問いかけに、僕の反射神経は「自分でやります」と無意識の即答。

よくできました。

あなたの尊厳は守られました。

しかし、安心するのもつかの間、ごんぶと浣腸の効果はやはりごんぶとで、それに伴う腹痛たるやかなりのもので、長時間トイレの中で悶絶。

看護婦さんには、便の様子を詳しく説明するようにと言われていたのですが、腸の中を一掃すると同時に大量の出血で、様子も何もわかりませんでした。

げっそりして今度は検査台に・・・。

しかし、ここからは、△暴力的・グロテスクな表現が続くので、割愛させていただきます。


結果は、一応「大したことはない」そうです。

白血球の量が増加していた為、感染症の疑いがあったのですが、それもクリア。

ナントカ(ポリープではない)ってのが腸内にできていたのも、悪性ではなく。

お薬をもらって、「あまり無理をするな」と言うお言葉まで処方して頂いて帰って来ました。

内視鏡なんてものは、やるもんじゃない。




まだまだ無理します。
簡単入力★チケット予約フォーム



うなぎ計画プロデュース
『扉のむこう―Certain one story The Crasutacea ―』
2008年2月8日?11日
会場:ラゾーナ川崎プラザソル(JR川崎駅直結ラゾーナ川崎5F)
チケット料金:前売?2500 当日?2800 高校生以下及び65歳
以上、障碍者の方?1300 当日?1600
※日時指定自由席

タイムテーブル
2/8 19:00
2/9 14:00/19:00
2/10 14:00/19:00
2/11 14:00
※開場は開演の30分前

CAST
伊藤裕一(劇団お座敷コブラ)
高坂雄貴(いと、まほろば)
水上武
延田知香
須藤旭
川田康二(劇団E)
千田英史
田中恵子(劇団再生)
天野誉友
成川友里子
石戸サダヨシ
斉藤弘樹
笹浦暢大(うなぎ計画)

STAFF
作・演出/ささぼう
舞台監督/藤本志穂(うなぎ計画)
照明/竹井崇(タケスタジオ)
音響/天野高志
音効/小宮聖子
小道具/渡邊歩(桃)
殺陣/金子正寿(PleasureGround)
音楽/木村衛昭
宣伝美術/佐々木貴行
制作/福島早紀子・うなぎ計画
FDM/児玉友恵
PDM/日巻佳菜恵
製作/うなぎ計画
協力/川崎インキュベーター


簡単入力♪チケット予約フォーム



at 08:37|PermalinkComments(0)マクガフィンまたはしろうるり