July 31, 2007

愛しさと せつなさと 糸井重里

今日は、東京ドームシティへ。

招待券を貰ったのです、ゲキレンジャーショーの。

こう言う仕事しているくせに、特撮に全く興味のない僕。

でもまぁ、アクションの勉強になるってことと、前回出演者の澄川・新両氏の曰く「あそこはスーツアクターの聖地だ」と言う言葉を信じ、しぶしぶ会場へ。

そうそう、キャラデザインは僕の師匠です。

まず、受付で券を提示すると、おねぇさんが「600円です」と一言。

よく見れば、それは割引券。

でも、ここまで来たらしょうがないから、600円を払い、しぶしぶ会場へ。

さすが、常設と言うだけあって、まさにヒーローショ?をやる為だけに組まれたセット。

10mくらいの高さからの落っこちがあったり、爆破・巨大ロボ出現なんかもあってまぁ、楽しめました。

色々衝撃を受けました。

まず、ゲキレンジャー。

3人。

3人!?赤・青・黄色。

しかも赤がバカ。

と、そこに助けに来る仮面ライダーが、俺様キャラ。

二重人格で、青くなると女ったらし。

そこまでやる必要あるのかな?

勧善懲悪だけでいいんじゃないか?

昔戦隊ものや仮面ライダーを見ていた人間が作るからこう言うことになる。

全体的な感想としては、「ちょっとひいた」でした。

↓謎のパネル。

7bc7e522.jpg


顔を出すところがなかったので、二人の間から顔を出してみました。

at 10:17│Comments(0)マクガフィンまたはしろうるり 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字